第22皿【芝麻球】ゴマ団子 Sesame Dumplings

Home  >>  舌賛のひと皿  >>  第22皿【芝麻球】ゴマ団子 Sesame Dumplings

第22皿【芝麻球】ゴマ団子 Sesame Dumplings

   舌賛のひと皿   9月 21, 2016  No Comments

特徴:ゴマ団子

今の形になったのは1980年代、飲茶ブームが到来した頃。
大珍楼でも香港の点心師がこぞって味と食べやすさを追求した結果、まわりサクサク〜中モチモチなゴマ団子を提供するようになりました。
それ以前のゴマ団子は煎推(ジンドイ)と呼ばれており、お餅の部分はもっと薄く、中身はあんこだけでなくお肉を入れているものもありました。そしてまん丸ではなくひらぺったいのが特徴だったんです。今でもその煎推(ジンドイ)は広東には存在しておりますが、広東でも一般に芝麻球(ゴマ団子)と呼ばれるようになったのは歴史が浅く80年代ごろと言われております。
詳しくは番組をご覧下さい。





お客様 ユナイテッドピープル株式会社 取締役副社長 アーヤ藍さん
ユナイテッドピープル株式会社 アーヤ藍さん

「人と人をつないで世界の課題解決をする」をミッションに社会的メッセージ性のある映画の配給・宣伝事業などを主に行っています。
主に広報活動や上映会などのイベントの運営を行っています。
▽ユナイテッドピープル株式会社
▽国際平和映像祭ホームページ




【お知らせ】

舌賛のひと皿ゲスト「日東色素」のスペシャルLIVEショー&広東料理の特別イベントを2016年10月22日に大珍楼で!!
詳細確認・ご予約は今すぐ! →  こちらから

 




大珍楼TVメルマガ会員のご案内

大珍楼TVは、メルマガ会員になってご覧になると、なんと見るだけでポイントが貯まるおトクなシステム。もし入会まだでしたら、ぜひ次はメルマガ会員になってご覧下さい。

メルマガ会員だけの特典もたくさん!詳しくはこちらへどうぞ。

SNSシェアやコメント欄へのご感想も、よろしくお願いいたします〜!

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です